同人ゲームfes 2017 に行ってきました

投稿日:2017/06/03

カテゴリー:イベント参加

今日は大阪の日本橋(にっぽんばし)で開催された同人ゲームfesに行ってきました。
そこまで大規模なイベントではないのですが、なかなかに盛り上がっておりました。
とりあえず、僕が触らせていただいたゲームを紹介。

JumpGun!

制作者さんのTwitterはこちら

ジャンルは2Dアクション。
左右に移動できる、ものを跳ねさせるビームが発射できる。
というシンプルな操作。
アクションゲームといえばジャンプがつきものですが、このゲームでは通常の方法ではジャンプができません。先程の操作説明にあるようなビームを自らに当ててジャンプするのです。鏡のような反射する素材にビームを当てて…
ってやつ。

パズル要素の強いアクションでした。 途中でステージ難易度の分岐もあって、なかなかにワクワクでした。

ViceRest

制作者さんのTwitterはこちら

主人公が拠点となっているタワーディフェンス。 という説明を受け、プレイしてみるとホントにそのとおりでした。

主人公の女の子は移動可能。MPを消費してモンスターを召喚。 進行方向にある敵拠点から湧く敵と、拠点を陥落させる。 そんなゲーム。
面白かったので自分用と布教用の2つを購入。
ふふふ。

同サークルの制作中のゲームも触らせていただきました。
Grimm Halloweenというタイトル。
二人のキャラクターを操作しておばけがいる屋敷化から脱出するというゲーム。
とてもかわいくて、怪しくて…完成が待ち遠しいゲームでした。

マジカルスクランブル

制作者さんのサイトはこちら

試遊できないということなのでプレイ画面の動画を見せていただくことに。 スピード感あふれる横スクロールSTG!  しかも魔女っ子! こいつぁ買い確定!
というわけで買っちゃいました。
プレイするのが楽しみぃ

プレイ画面の動画では、もう一つのゲームの画面もあったので紹介。
シティパニックという初代GTAのように真上から見下ろして車を操作するゲームでした。 割りとマップがグルグルして酔いそう……ってなったけど、マップではなく車が回転する設定にもできる。 という親切な仕様! 素晴らしい!
こういった親切なゲームが作れるようになりたいです。

AVOID OCTOPUS

制作者さんのTwitterはこちら

この記事書いてるときに知ったんですけど、大学のサークルさんの作品だったのですね。驚き。 ってことでプレイしたのはタコからの攻撃を避けまくるゲーム。 タコになんの恨みがあるというのだ……。

正直に言うと、あまり操作感は良いものではなかったのです。が、 それだけに今後に期待しちゃいますよね。
良い部分も、悪い部分も、全部ひっくるめて良い作品でした。
もう一度言います。今後に期待!

マヨナカ・ガラン

制作者さんのサイトはこちら

なんとVRのゲームを野外でプレイする。という貴重な体験をいたしました。
正直、ちょっと恥ずかしかったんですけどね。
ゲームの中に入って、キャラクターたちの会話を聞いたり、世界を眺めたり……。 って感じのノベルゲームと言うべきなのかな。ちょっとジャンルは決めにくいかも。
ただ、ゲームの中にいるんだ! という興奮がね、ものすごい勢いで湧いてきますよね。

いやあ、VRのゲームってゲームしてる! って感じじゃなくても楽しいですね。 視界すべてが画面。ってだけでもう満足。すげえよ。

Genecellen

制作者さんのサイトはこちら

イシキスペースさんはmegabitで少しゲームをプレイさせていただいたサークルさんです。 その時はSRPGをプレイさせていただいたのですが、今回はSTGでした!

敵を倒して、食べて、大きくなって、強くなって、っていうのを繰り返すってゲーム。 敵はフィールド内でランダム生成されるのですけど、それが恐ろしいところ。 成長するほどに自機は巨大化。その分、敵が生成される座標をかぶって死ぬ可能性が高くなる。 というね。怖い怖い。

調整後、フリーゲームとしてリリース。とのことだったので、かなり楽しみでありますね。

ニムト!というアナログゲームの指南書(?)が売られていたので、いただきました。 ニムトはウディタリアンの方々とプレイすることが多いのですが、敗北率が高いのです。 この本さえあれば……勝てる! はず。

さいごに

というわけで、僕のレビューはおしまい!
他にも頂いたゲームがあるんですが、未プレイかつプレイ動画も見ていないので、 紹介のしようがないので省かせていただきます。申し訳ない。

では、今日はこのへんで。

<<次の記事 | 前の記事>>